キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 看護師の給料は資格手当てで変わる? : 看護師給料ネット

看護師の給料は資格手当てで変わる?

看護師給料ネット

看護師は勤務場所や資格の有無で給料が変わる

看護師の給料は資格手当てで変わる?

看護師の仕事を探す場合、形態としては、国立病院なのか、公立病院なのか、はたまたクリニックなのか、などによって給料が変わります。

 看護師の給料が一番いいとされているのは都道府県や市町村が運営する「公立病院」で、平均年収は約590万円です。

次が「国立病院」で平均年収は約550万円、「クリニック」は、病院によって給料の差が大きいですが、平均すると年収は約450万円だそうです。

 看護師の仕事は、基本給だけが重要なのではなく、夜勤手当や資格手当てが給料の多い少ないに大きな影響を与えます。

 例えば、看護師には正看護師と准看護師がありますが、現場での仕事内容は正看護師も准看護師もほとんど同じであるにも関わらず、給料面では1.5倍も差が出るち言われています。

 また、夜勤があるかどうかで月の給料は大きく違ってきます。

ある看護師4年目の方の場合、月4回の夜勤勤務での夜勤手当が56000円でしたから、この分があるのとないのとでは大きな差ですよね。

 他にも各種の専門看護師や認定看護師の資格などを持っているかどうかでも給料が変わってきますから、基本給だけにとらわれずに、職場を決める際には資格手当てにもしっかり目を向けてみたほうがいいと思います。

コメント募集中

名前

コメント